ほんの少しだけ現代人の仲間入り

スポンサーリンク
店頭でもネットでもお買い物大好き



 

今の時代、クーラーを使わない人って珍しい?

子どもの頃から家でクーラーを使っていた人はともかく、夏は扇風機や自然の風をうまく利用するのが一番!という方も中にはいらっしゃるでしょう。

実は、私もそうでした。
クーラーは贅沢品という観念もありました。

 

自覚のないまま熱中症はやってくる

 

まだ私は熱中症になったことはありません。

なったことのある友人の話では、熱中症って、本人の自覚がないままに、あっという間に重症化するのだそう。

早めに気づいて水分補給や塩分補給をし、身体を休めればいいのですが、なかなか熱中症とは思い当たらない人が多いのだそうです。

私のように一人暮らしの人間は、特に注意しなくちゃいけませんね。

我が家の家電購入にはプレゼンが必須

今は田舎で悠々自適の生活を送っている夫は、どんな苦境でも耐えられる人。暑かろうが、寒かろうが全く平気でした。
おそらく、苦境を苦境とも思わない?

 

でも、私や子どもたちは超人ではありません。
人並みにクーラーなり、暖房なりは必要なのです。
特に、近年はどんどん夏の気温が高くなっているような気がしますし。

 

そんな超人夫が財布のひもを握っているわけですから、新家電の購入時、我が家はいつも大変でした。

家電の必要性を夫に説明し、納得しなければ買ってもらえないのです。

なので、我が家に最初のエアコンがやってきたのは20数年前と結構最近です。夏を迎える前に子どもが産まれた際、必要に迫られての購入でした。

 

2台目3台目の購入は、古くなった1台目の居間用エアコンの買い替えと、受験生だった息子の部屋用。

 

1台目でのプレゼン難易度に嫌気がさし、勝手に私の判断で。
夫に相談しなかったため、費用は私が払いました。

 

6万円で寝室にエアコンを設置!

今私は自由気ままな一人暮らし。

もう夫に必要性を説く必要はありません!

それより、還暦も過ぎた今、寝ている間に熱中症に陥るのを防ぎたいから。

善は急げとばかりに、ネットや通販で積極的にエアコンをチェックしました。

 

4畳半用エアコンはなかったので、6~9畳用で探します。

数種類の価格を比べた結果、一番安かったのが48384円

 


 

ネット通販で最安値のエアコンを購入したら、次に探すのは取付工事業者です。

上のサイトで見積もってもらうと、我が家の場合は12500円でやってくれるとのこと。

なので4畳半の寝室にエアコンを設置するのに、合計で60884円かかりました。

上のエアコンサポートセンターというサイトは分かりやすくて楽でしたよ~。

工事希望日や工事内容(エアコンの取り付けなのか、取り外しなのか)などを入力したら、無料で見積もってくれるのです。

しかも最大5社を比較して、1番価格が安い業者を案内してくれるので、料金をグッと抑えることができました。

 

今回はネットを駆使したことも大きいのでしょうけど、昔と比べてエアコンのハードルがめちゃくちゃ下がったんですね。

こんなに安くて手続きも簡単なら、もっと早くやれば良かった~!

あとは取り付け工事を待つばかりです。

 

大汗をかくと、弱くなった肌に悪い影響を及ぼしてしまうし、熱中症を防ぐためにも、これは私にしては賢い決断だったはず。

 

汗と肌の悩みについてはこちらに詳しく書いています。

更年期をきっかけに肌の悩みが増えた
年齢とともに肌の状態が変わってきたのは確かです。 おそらく、それが当たり前のことなのでしょう。 でも、できることなら、ギリギリまで抗いたい! 更年期をきっかけに、顔汗が気になるように 更年期の女性で顔の汗に悩む人は多いの...

 

還暦を過ぎて、またひとつ年齢を重ねてしまうけれど、今年は暑くても安心して夏の夜を切り抜けられそう……。

現代人生活の仲間入りに、なんだかわくわくしてきます。

コメント