汗取りインナーの選び方ポイント

スポンサーリンク
アラカンファッション・美容の話



 

暑くなってくると、汗取りインナーが必要になる

この5,6年、冬以外のシーズンで着ていた汗取りインナー。

今年も早暑い日があって、慌てて引っ張り出しました。しかし去年ものはさすがにくたびれていて、買い換え時っぽい。

 

先日UPした、加齢臭との闘いにも大いに関係することなので、早速お買い物に出かけなくっちゃ!

 

生地が薄く袖なしインナーが良い理由

スーパーの衣料品売り場に行き、汗取りインナーを探します。

売場の端っこの方から順番に見て歩くのですが、私の欲しい汗取りインナーはありません。

 

私が探す汗取りインナーは、まず、生地が厚くてはいけません。
真夏にも着るので。

一番気になるのは、脇汗。なのでインナーの脇に汗をくい止めてくれる部分がないといけません。

それならいっそ、フレンチ袖がいいのではないか?と思われそうですが、袖は付いていてほしくない……これが私のこだわりなのです。
ブラウスを着たときにもたつくからです。

 

信頼できる店員さんに相談

探していると、顔馴染みの店員さんに会いました。
その店員さんは、wingの商品売場の人で、もう7~8年くらい前からこの店にいる方です。私が乳癌の手術後にブラジャーを探していた時も親切に相談に乗ってくれました。

私がこんな汗取りインナーを探していると話したら、wingの売り場に案内してくれました。

ちなみにwingというのは、ワコールが出しているブランドです。

 

薄着でもひびかない、縫い目なしの汗取りインナー

彼女が私に見せてくれたのは、まさに、私が求めていた汗取りインナー!

形はノースリーブなのですが、脇にちょっぴりインナーと同じ生地が縫い付けてあり、これで脇汗はくい止められるとのこと。
素材は、綿、ポリエステル、ポリウレタン。

計算外だったのは、普通は両側面にある縫い目がないこと。
また、縁は切りっぱなしで、まつり縫いがされていません。なので薄着の季節でも表面にひびかないのです。

 

本当に私の理想通りの汗取りインナー!
やっぱり、販売のプロというのはスゴいな~と思いました。

おまけに嬉しいことに、今日は、wingの商品が10%引き
1枚は税込価格3132円のところ、2818円に。

ベージュと水色の2枚を買いました。他にも3種類くらいの色があったような気がします。
着てみていい感じだったら、3枚目を買い求めるかも。

 

アラカン世代、頑張っているのは私だけじゃない

店員さんに品物を渡されながら、二言三言会話を交わしました。
彼女は、私より若干年上っぽいのですが、暑くなると汗がひどくて困っているんだそう。
私と話している時も顔汗を拭き通しでした。

「皆アラ還世代の人は、頑張っているんだな、苦労しているのは私だけじゃないんだな」と元気がわいてきました。

 

「久しぶりにお話しできてよかったです!」
私はそう心から言って売場を去りました。

コメント