7台もとっかえひっかえしてきた、我が家の掃除機変遷その①

スポンサーリンク
店頭でもネットでもお買い物大好き



 

よそのお宅はどんな掃除機を使っているのかな?

新しく掃除機を買う予定とか、買ったばかりとかでない限り、あまり掃除機の話題ってありませんよね?

我が家の掃除機、今のでなんと7代目です。

その中には、良かったものもありましたし、「ちょっとどうなの…?」というものもありました。

 

 

私の掃除機遍歴

では、私の掃除機遍歴をお話しいたしますね。

一代目は普通の国産品だったと思います。
あまり吸い込みは良くなかったのですが、何しろ新米主婦。掃除機って全部そんな程度かと思っていました。

 

 

魔法の掃除機に出会ってしまった

 

でもある日、友人の家で魔法の掃除機を見てしまうのです!

それは確か、スウェーデン製で、エレクトロラクスといいました。
静かだけど吸い込みが良く、埃を撒き散らさないという、当時では非常に画期的な掃除機だったのです。今から30年も昔のお話。

それ以来、私は掃除機を買うなら外国製!と思い込むようになりました。

 

エレクトロラクス エルゴラピード・リチウム(2in1コードレススティッククリーナー・掃除機) ZB3104

価格:25,053円
(2018/3/26 18:46時点)
感想(0件)

 

懐かしくなって、憧れのエレクトロラクスを検索してみました。30年も前から有名だったエレクトロラクスは、今ではネット通販で簡単に手に入ってしまうんですね。 お値段も30年前の20万円に比べたら、グッと手が届きやすくなっていて驚き。

 

20万円の超高級掃除機!

そしてついに、外国製の掃除機が、2代目として我が家にやって来ました!

我が家にやってきた外国製の掃除機は、スウェーデン製ではなく、アメリカ製。プリンセスという機種でした。

その会社の営業の人がうちに来てデモンストレーションをするのを見て、これだ!と思ったのです。

エレクトロラクスといい、プリンセスといい、お値段は20万くらいしました。だから、清水の舞台から飛び降りる気分でした。

 

 

実際に使っていると疑問に思うことも

営業の方からは、「この掃除機は性能に加え、とても丈夫なので50年はもちます!」と太鼓判。

ですが、重いこと重いこと…。
性能がいい分、業務用にも使えるというだけあって、本当に重い!これを80歳になった腰の曲がった私が使っている姿を想像して、絶対に無理だ~~と思いました。

 

プリンセス掃除機の形のユニークなこと!

分福茶釜というお話をご存じでしょうか?

ちょっと見ると本体の部分がまるで茶釜なのです。狸が茹でられたという、茶釜。

2代目掃除機の本体はタイヤの付いた枠から外せるので、子ども達はその枠に乗ってよく遊んでいましたっけ。

 

その後掃除機はどうなったかって?

 

しばらくは2代目掃除機、プリンセスを使い続けました。

けれどもプリンセスの日本の会社が潰れてしまい、修理を依頼しようにも連絡さえもつかなくなりました…。

 

エレクトロラクスにすれば良かった…。

その後何年かは未練がましく家に置いていました。20万円もした、高級掃除機ですから。

しかしある時、祖大ゴミに出してしまいました。
まだ私が45歳位の時でした。

 

 

7台もとっかえひっかえしてきた、我が家の掃除機変遷その②
本日の更新は、7台もとっかえひっかえしてきた、我が家の掃除機変遷その①の続編になります。まだ読まれてない方はぜひ、その①から読んでみてくださいね。 高くて重たい掃除機には懲りた! ...

コメント