春の訪れを五感で感じるウォーキングと、フリマ戦利品

スポンサーリンク
嬉しいアラカン



今週も行ってきました、ウォーキング!

 

今回も目的はブック・オフに古本を売りにいくこと。今日売りに行くのはこれだけ。公園で記念写真です。

何年か前にテレビで放映された「吉原裏同心」という、佐伯泰英氏の時代小説13冊。

先週12冊を売りに行ったので、これでもう、「吉原裏同心」とは永久にサヨナラです。

 

一時はものすごく気に入っていて、テレビドラマと相まってこのシリーズが好きになり、いつかまた読み返したいと思っていたから大事にしまっていました。

でも、きっともう続きがテレビで放映されることもないでしょう。―主演が、17歳女性との飲酒や淫行で話題になってしまった小出恵介だったので…。吉原裏同心を楽しんでいた人間としては非常に残念です。

 

 

フリマ戦利品は未開封のひざ掛け

 

 

途中でフリーマーケットが開催されているのをみつけ、ちょこっと寄り道です。

フリマは久しぶりでした。

ひとつひとつ出店を見て歩き、私は膝掛けを買いました。

上品な老婦人が800円のところ、750円にしてくれました。50円という金額以上に、ご婦人の心遣いが嬉しい!

 

 

 

直感的に色で決めてしまった私。

入っていた紙箱は古くなっていたけど、新品みたいだし。

ウールまでは望まなかったけど、アクリル90、ウール10で日本製。

今会社で仕事中に使っている膝掛けは、もっとチャチでかなり古いので、そろそろ取り替えるのもいいかな~と思って購入を決めました。

 

 

ここ何年か、フリマの楽しさなど忘れてしまっていました。以前はちょくちょくフリマに行っていたのに、最近はとんとご無沙汰でした。

フリマは魅力だけど、今日の私の目的はブック・オフ。

 

 

危ない危ない!脱線してはいけません!

 

フリマに後ろ髪を引かれながら、私はまたてくてく。

途中で鳩を写真に撮りながら、ブック・オフに到着です。

 

(なぜ何の変哲もない鳩を撮ったかって?ちょうど二羽の鳩が、たがいに背を向けてくっついている姿が微笑ましかったからです。真ん中に別の鳩が割り入ってきて、上記のような写真になってしまいましたが。)

 

今日の古本買取り額は、合計360円なり。

今日の売上は私の胃袋には収まらず、膝掛けの一部となりました。

 

帰りは本がないので、嵩張る箱入りの膝掛けとバッグだけ。
私はまたてくてく歩いて家に帰りました。

 

ほんの少しですが、春の訪れを五感で感じながらのウォーキング。
なんとも幸せな1時間でした。

コメント