女子だけお汁粉のお昼ご飯…農家の嫁は辛い

スポンサーリンク
憤るアラカン



 

本日は、農家の嫁の昔話

 

未だに釈然としないことがあります。

今はあんこのお菓子が大好きな私ですが、若い頃はあまり好きではありませんでした。

 

お餅で言うなら、あんこのお餅よりも断然、醤油と砂糖と海苔の磯辺餅が好き♪

 

でもそもそもあんこを使ったものって、食事での好き嫌いと違い嗜好品です。

 

嫌なら食べなければ良いだけ。それほど困った事態に陥ることはありませんでした。

 

ところが、その時は違いました。お汁粉がお昼ごはんとして出てきたからです……!

 

年末の恒例餅つき、その後

結婚して3年めぐらいだったでしょうか。

大晦日は必ず夫の実家で過ごしていました。

 

 

年末に皆、ほうぼうから集まってお餅つきをし、中にあんこの入った餡こ餅、黒豆の入った豆餅、そして普通の丸餅を作ります。

 

これが私が嫁に嫁いだ家の、一大年越しイベントでした。

 

 

えっ?食事におやつってアリ!?

大晦日のお昼、姑がお昼のご飯を用意し始めました。

私達嫁と姑とはお節の煮物をつくったばかりでした。

 

 

突然姑が、「お昼は私達はお汁粉だよ。」と言ったのです。

 

私はお汁粉なんて大嫌いだったので、さあ、どうしようか!と頭を抱えました。

 

まさかあんこ餅が嫌いとも言えず、困りました。あんこ餅が食べられないなら、私のお昼ごはんはなくなります。

 

 

未だに残る男尊女卑を感じた瞬間!

 

仕方なくお汁粉を食べ始めた私が目にしたのは、私達のいる寒い台所とは違う、畳の部屋でお昼を食べる男性達の食事風景でした。

彼らに用意されたのは、焼き魚に味噌汁、ご飯、プラス何かだったような……。

 

 

 

私達女性陣がお汁粉になったのは、全日作った餡こ餅の餡が大量に残っていて、それを片づけるためだったのです!

 

自分の親になら文句も言えますが、姑には言えませんからね。こんなの男尊女卑だとは当然誰にも言うこともなく、今まで胸の内にしまってきました。

 

 

 

立ち回りのうまい人が恨めしい

 

それにしても恨めしいのは、辛党の義妹がお昼はお汁粉だと聞いて、突然「何かを買いに行かないといけないのでお昼は要らない。」と言い出したことでした。

 

 

車でファミレスかどこかに行き、夫婦で食べたいものを食べている……。

そう思うと、自分の立ち回りの下手さ加減を余計に呪いたくなるのでした。

 

 

 

あずき繋がり?の関連記事:何度も私を苦しめるぼた餅の悪夢も公開しましたので良かったら読んでいってくださいね。

コメント