仕事中に食べるお菓子はなぜ美味しい?

スポンサーリンク
最近好きな食べ物・嫌いな食べ物



職場でいただくお菓子って、妙に美味しくないですか?

 

おやつは、家で食べるよりも会社で仕事中に食べるのが断然美味しいと思うのです。

 

皆さんも覚えがあるのではないでしょうか。

 

そこで、なぜそんなに美味しいのか、考えてみました!

 

職場でいただくお菓子が美味しい理由、その1

 

美味しさが増す理由は、ひとつは、家で食べる時は数も制限がなく、ひとりでたくさん食べられる‥‥

 

 

でも職場ではそうはいきません。

 

つまり少ししか食べられないと思うから美味しさが増すのかな、と思うのです。

 

職場でいただくお菓子が美味しい理由、その2

 

二つ目は、家でだらだらしている時に食べるより、頑張っている仕事の合間にふっと一息ということで食べるからこそ美味しさが増すのでしょう。

 

仕事で頭を使い、頭も身体も疲労しているから、お菓子の甘味が染み渡る気がするのかもしれません。

 

職場でいただくお菓子が美味しい理由、その3

 

三つめは、本来会社で仕事をしている時にはお菓子なんか食べていいわけがありません。

 

その、食べてはいけない場所で食べてはいけない時間にチョコレートやおまんじゅうを食べるというのはなんとも言えない幸福感なのです。

 

 

飴玉たったひとつぶで、うれしい

 

その証拠に、仕事中に飴玉をひとつ口に入れるだけでなんだかものすごく幸福感があります。

 

私は普段は飴玉はあまり好きではないのに、です。

 

その飴玉は、特に美味しいものでなくても、例えばのど飴でさえもそのわずかな甘みが幸福感を与えてくれるのです。

 

でも、誤解のないように申し上げておきますと、私は別に、仕事中のべつ幕なしにお菓子を食べているわけではありません。

 

 

仕事中にお菓子を持ってきてくださるお取引先様は本当にありがたい神様

 

お取引先様が持ってきてくださったクッキーやお煎餅。

誰かが旅行に行って買ってきてくれたお土産のおまんじゅう。

 

 

こういう場合はみんな堂々とお菓子を味わえるのです。

 

そういう思いもよらぬ時にありつけるお菓子だからこその美味しさなのでしょう。

 

そして、私も買ってきたのでした

 

私も今回の帰省で、季節限定のマスカットゼリー入りのチョコレートを買いましたが、結構好評でした。

コメント