あなたは指定席派?自由席派?

スポンサーリンク
未分類



新幹線ってそもそも高い!座れるのなら指定はとりたくないけど…

 

皆さんは、新幹線は指定席派ですか?それとも自由席派ですか?

私としてはできればいつも指定席を予約したい派です。

 

でも、これには色々理由があって、意見は分かれることでしょう。

 

 

指定席のいいところ

まず、指定席のいいところ。

どんな時でも確実に座れる。

でも、良くないところもあって、お金が余計にかかります。

 

私のよく利用する区間の金額になりますが、自由席なら5820円で済むところが、指定席にすると6860円もかかってしまうのです。

その価格差、1000円

そして、万が一乗り遅れたりでもしようものなら、もちろんですが指定の意味はありません

 

自由席のいいところ

次に自由席のいいところは、いくらか安上がりなので、その浮いたお金で豪華なお弁当が買えます♪

 

それから、時間が決まっていないので、時間に縛られることがありません。

朝目が覚めた時に駅に出向けばよいなんて気楽でいいですよね。

 

昔は自由席派だった私が、指定席派に転向した理由

私は昔は自由席をよく利用していました。

若かったからでしょうか、何時間も立って乗ることもしばしばでした。

さすがに子供連れの時や荷物が多い時は大変でしたが‥‥‥

 

 

最近は新幹線を利用する機会も減りましたが、歳をとるにつれて、いつの間にか私は指定席派になっていました。

 

お金がもったいないということよりも、そのために疲れて翌日にひびくことの方が困るようになってきたからです。

 

それに、座れるか座れないかわからない状況で駅に向かうのはものすごく不安です。

座るために何本も見送って遅い時間の新幹線になるのも嫌ですし‥‥‥

 

というわけで、今年も私は指定席で田舎に行ってきたのでした。

 

 

帰省ラッシュでなくとも、席にあぶれた人たちはたくさんいるのです

 

往きも帰りも帰省ラッシュのピークはずれているはずなのですが、それでも、往きには大勢の乗客がデッキ部分に立っていました。

 

さすがに若い人や単身の人ばかりでしたが、皆黙然として、ひたすら立ち続けていました。

 

以前の新幹線はもっと、異常な混み具合だったような…。

 

 

私も席にあぶれ、黙然と断ち続けた比較的最近の記憶があります。

お葬式で新幹線に飛び乗った時のこと。

座席のことなんか考えてもいなくて、自由席の通路に立っていました。

 

脚が疲れてきて、どこでもいいから座りたい、と思い、通路にチラシを敷いて腰を下ろしました

もう格好なんてかまってはいられませんてました。

 

 

でも、そこは自由席に座っている人たちの通り道。

小さな子が何度も行ったり来たりするのには閉口しました。

足腰がこわばってしまい、そうすぐには立ち上がれないのです。

座っている乗客からは、指定とればいいのに‥‥と無言で責められている気分でした。

 

 

今日デッキのところで見た人たちも、いつかの私みたいに自分を殺して、ひたすら時間の過ぎるのを待っているよう。

まるで何かの修業をしている人の顔つきでした。

 

ひたすら自分の中の邪念と闘っているみたい…なんだかある種の崇高さがありました

 

私にはきっともう真似はできないと思いますが、まあこの選択は人それぞれなのでしょう。

コメント