スポンサーリンク

イケメン俳優だらけのおんな城主 直虎を改めて振り返る

「おんな城主 直虎」は終わってしまいましたが、私はまだまだ余韻に浸っています。

このおんな城主 直虎には、いわゆるイケメンと言われる人気俳優が多数出演していました。

世間では、低視聴率をなんとかするためにイケメン俳優をそろえたなどと言われたりもするようですね。

しかしそうではなく、今旬の俳優さんを選んだらたまたまそうなったというだけではないか、と私は考えます。

高橋一生演じる政次

デジタルTVガイド 2018年1月号 【表紙】 高橋一生[本/雑誌] (雑誌) / 東京ニュース通信社

価格:400円
(2018/1/3 19:27時点)
感想(0件)

直虎(おとわ)には幼馴染の少年が2人いました。

井伊家家臣の息子政次に高橋一生。大人気ですよね。

井伊家を欺いた親の影響で政次自身周囲から疑いの目で見られ続けます。

実際私も彼が敵方の人間なのか味方なのかわからなくなる時がありました。でも生涯おとわを守り、井伊家を守ったのでした。

彼が死んだときは、「政次ロス」現象が巷ではあったそうです。

三浦春馬演じる直親

【中古】 三浦春馬 ふれる /三浦春馬(編者) 【中古】afb

価格:498円
(2018/1/3 19:28時点)
感想(0件)


二人目は直親役の三浦春馬。

男児のいなかった井伊家では一人娘のおとわが直親と夫婦になることになっていましたが。

直親の身に危険がせまり、長い間逃亡生活です。

危険がなくなってから成人した直親は戻ってきます。

若く溌溂とした武士でした。でもその時はおとわは尼僧になっていて、結婚はできません。

直親が井伊家の当主となり嫁を迎え、その子が生まれて間もなく、直親は殺されてしまいます。

そこでおとわが尼僧のまま城主となり、直親の遺児虎松が跡を継ぐまで女城主を務めるのです。

寺田心くん演じる幼少期虎松と、菅田将暉演じる成長後の虎松

20+1 菅田将暉アーティストブック

価格:3,024円
(2018/1/3 19:32時点)
感想(7件)


幼児の虎松は寺田心くん。とってもかわいいし、演技も巧いので、いつも楽しみでした。

そして成長してからの虎松は菅田将暉。彼を時代劇で見るのは初めてでしたが、本当に熱演でした。

立身出世を志す利発な青年を演じていて、時にはコミカルな場面もあり、後の井伊直政に何となく親しみがわきました。

忘れちゃいけない、柳楽優弥演じる龍雲丸

誰も知らない/柳楽優弥【2500円以上送料無料】

価格:4,104円
(2018/1/3 19:35時点)
感想(0件)

いきなり最終回に飛んでしまいますが、先に亡くなっている直親と政次がおとわを迎えに来ます。

二人から一緒に行こうと腕を掴まれたおとわは、「まだ行けない。私にはやることがある。」と答えます。

でも二人は「お前は十分にやったではないか。あとは次の者が引き継ぐ」と。

それに納得したおとわは行く気になるのですが、そこにもう一人のイケメンが・・・・・

龍雲丸でした。

海賊の棟梁で、何にもとらわれない自由な魂の持ち主

ちょっと前に彼は船で外国に行くと言っていましたが、船が難破したのでしょう。

バラバラになった船が波打ち際に打ち上げられていて、龍雲丸の所持品が転がっていました。

この時彼もなくなったのでしょう。それで彼も3人のところに戻ってきたのですね。

おとわが井戸のところで、なぜか微笑んで亡くなっていたとの南渓和尚の言葉が私には救いでした。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

ランキングに登録しました。
応援してくれたら、うれしいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする