冬限定!お金のかからない猫背矯正法

スポンサーリンク
アラカンファッション・美容の話



昔から姿勢が悪い私は、いつも娘から猫背を指摘されます。

 

思えば姿勢の悪いのは小学校の高学年の頃からだったでしょう。

当時から既に大柄だった私は、少しでも大きいのを目立たなくするために、ついつい猫背になってしまうのでした。

 

 

 

簡単に試すことが出来る、寄りかかり健康法

今までいろいろな努力をしました。

 

公園で、大きな木の幹に寄りかかり、そこで一度背筋を伸ばしてからその姿勢をイメージしつつ、幹から離れて歩き出す・・・・・

 

公園へウォーキングに行くたびに試しましたが、長続きはしませんでした。

 

イメージだけで保ち続けるのはなかなか難しいのです。

 

 

ちょっとレトロな?背中にたすき掛け戦法

次に友人から、「背筋を矯正するにはパンツに入れる平ゴムを輪っかにして、背中が八の字になるようにたすき掛けをするといいよ!」と教えられ、即実行。

 

お金もかからないし最高!と思ったのですが・・・・・私には向きませんでした。

 

 

私は過去に乳癌の手術をしていまして、片方の脇下のリンパ節を全部取っています。

脇の下を締め付けるということは、ただでさえ流れの悪い脇下のリンパ液をさらに流れにくくするからあまり良くないようなのです。

 

結局これもダメ。

 

 

通販で口コミ評価の高い背筋矯正ベルト



次は、通信販売で見つけた背筋矯正ベルト。

 

背筋矯正ベルトって色んなものが出ていますが、正直マユツバモノが多いです。

しかしそんな中でもこちらは珍しく、きちんと職人さんが手作りしているから品質も安全性も信頼できるし、口コミ評価も高かったので購入しました。

 

決め手となったのはやっぱり、脇が痛くなりにくい作りであること。

 

ソフトクッション内蔵で長時間使用可能とあったので、脇のリンパを切除している私でも短時間なら使用できるかもと思い、手を伸ばしました。

 

けれどクッションは効いているものの、やはり締め付けがあるのは事実でこれも私には向かないことがわかりました。

 

ものはしっかりしていて良かったので、結局肩凝りに悩む娘にあげました。

 

強弱を調節できるし、蒸れないので使い心地が良いと喜んでいましたので、私のようにリンパ切除をしていない方には良い商品なのでしょう。使えなくて残念です。

 

 

様々な方法を実践したわたしが結局たどり着いたのは…

途方に暮れていた私ですが、最近また希望が見えてきました。

 

 

私は寒がりなので冬の間、カイロを衣服に貼るのですが、これがいいんです。

この冬も私はカイロの小さいのをお腹に1枚、背中に1枚貼っています。

もちろん肌に直にではありません。肌着の上からです。

 

その上にニットとかシャツを着るのですが、仕事中などに背中を丸めていたら背中のカイロが浮き上がって見えてしまうことに気づいてしまったのです。四角くもっこり、と。

 

カイロの浮き上がりをほかの人に気付かれるのが嫌で、いつも背筋を伸ばすことを意識するようになったというわけです。

 

寒い冬もあと何か月か続きます。その間に背筋を無意識に伸ばす癖がついてくれたらいいな、と期待しています。

 

冬でしか試せない方法なので、もし私みたいに猫背でお悩みの方、いかがですか?

コメント